スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アウトドアクラブNuts - http://hodugawa.com/
関西地区なら大阪京都からアクセス抜群の保津川ラフティングにGO!北山川や四国吉野川も随時受付中!
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
小渕浜漁業支援プロジェクト
- 2011/06/10(Fri) -
牡鹿半島でカヌーを積んだワゴン車をやたらと見かけました。
カヌーと言えば日本財団のとーるさんだ。さっそく電話してみるが繋がらない。とーるさんは、日本財団のリーダー的存在でとても忙しく電話が繋がらないことが多いのです。
後日電話で聞いてみると、カヌーで海の瓦礫処理をしていたみたいです。ちょうど漁業支援をしたいと考えていた僕は「自分もやりたい♪」と申し出た。
するととーるさんは、「また是非一緒にやりましょう」と言ってくれました。
早速僕は、温泉ツアーが休みの時に動くことにしました。この日はたまたまとーるさんが留守だったので、前回のカヌー支援で動いていた日本財団の「助さん」を紹介してもらい牡鹿半島で打ち合わせをすることにしました。
助さんとは初対面だったけど息が合い、早速ふたりで段取りのために動くことにしました。小渕の漁業組合長に会いに行き、カヌーやラフトボートで海に浮かんだ漁具の回収やスクリュー付きの船では行けない場所の瓦礫処理ができないかと聞いてみると、会長さんはピンとひらめいたように、「是非やってほしい場所がある」と言い出しました。会長さんの車で現場の近くに行ってみると。
そこは陸から10数メートル離れた小島でした。ここには「鳥海様」という神様がまつられていたそうです。地元漁師が年一回神事を行っていたのだという。
鳥海様は津波で流され、今は土台しか残っておらずまわりは瓦礫だらけになっていました。
漁業を復活さすためにはまずはここの清掃だと僕らはすぐに思いました。
そして後日掃除と漁具回収を行うため、鳥海様プロジェクトを計画しました。

鳥海様プロジェクト初日。
今回は大阪から、のんたん、しまちゃん、そして先月から牡鹿の公民館においてけぼりにしたヤスがラフティング部隊として活躍してくれました。

P1020251.jpg P1020256.jpg
鳥海様の島の全貌                          朝一ラフティングボートを膨らます仲間達

P1020260_20110617020118.jpg P1020258.jpg
島は瓦礫だらけで僕らだけでは途方にくれそうな作業です

P1020262.jpg P1020267.jpg
とりあえず大物の冷蔵庫を陸に運びました。しかし壊れた船や家の屋根などまだまだやっかいな物がたくさんあります。

鳥海様プロジェクト2日目。
今日から本番です。本日はカヌー9艇、60名のボランティアが応援に来てくれました。メディアもテレビ朝日の中継車、NHK、読売新聞や中日新聞の取材が入りましたよ。

P1020313.jpg P1020310.jpg
                                       鳥海様はこのようなかたちでまつられていました
 
P1020275.jpg
岩に挟まった縄を外すのに苦労しているヤス君。

P1020283.jpg P1020302.jpg
こんな大事な物まで見つかりました。

P1020317.jpg P1020357.jpg

鳥海様プロジェクト3日目。

あんなに汚かった島もみんなのおかげでどんどん綺麗になりめちゃくちゃ素敵な島になっていきました。

P1020294.jpg
ラフトが川で張り付いた時に使うゼットドラッグで島内に打ち上げられた船を引っ張り、手作りいかだに乗せて陸まで運びました。

P1020322.jpg P1020354.jpg
島の陸側の海に沈んだ瓦礫もユニックで回収しました。昔はここが子供たちの水遊びの場だったようです。

ラフトとカヌー隊は、鳥海様から4~500メートル離れた場所に溜まった漁具を回収することに……。
ラフトボートに10個ブイを積んできました。ブイは一個15000円程するらしいです。
陸上班にいっぱい積んできて凄いねって言われて喜んでると、後ろから二人乗りのカヌーが近づいてきました。何とブイを25個も引っ張って来ていました。しかもふたりとも女の子!! これには僕らも頭が下がりました(笑)。

P1030043_20110617025755.jpg

P1030047_20110617025755.jpg


P1030061.jpg
鳥海様の島はこんなにも綺麗になりました。パチパチ
漁業組合の会長さんは、正直カヌーやラフトごときで何ができると思っていたようだけど、こんなにも綺麗になった島や漁港を見てとても喜んでいました。

朝日新聞社
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201106080626.html?__from=mixi
スポンサーサイト
アウトドアクラブNuts - http://hodugawa.com/
関西地区なら大阪京都からアクセス抜群の保津川ラフティングにGO!北山川や四国吉野川も随時受付中!
この記事のURL | 東北沖大地震支援 | コメントはコチラへ(0) | トラックバック(0) | ▲ top
<<6/25 保津川ラフティング | メイン | 6/5 保津川ラフティング>>
コメント

コメントの投稿










▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://raftingnuts.blog45.fc2.com/tb.php/231-8a7011be
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。