スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アウトドアクラブNuts - http://hodugawa.com/
関西地区なら大阪京都からアクセス抜群の保津川ラフティングにGO!北山川や四国吉野川も随時受付中!
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
5/14~17 被災地温泉バスツアー
- 2011/05/17(Tue) -
今回は宮城県石巻市牡鹿半島に行ってきました。
メンバーは今回被災地の人を鬼首温泉に連れていく計画、マイクロバスドライバーのいざぽんと看護師のいのまき。
そして牡鹿半島での泥だしチーム、若手21歳ピチピチギャルのユリりん・エリりんコンビ。前回の泥だしツアーに来てくれたNutsスタッフのゆっこのお母ちゃん。3度目の泥だし経験者、泥マスターのヤス!! この6名でした。
P1010943_20110517161926.jpg


牡鹿地区のボランティアをまとめているEさんにお願いし、僕らは
牡鹿支所下の公民館にベースを構えることにした。ハイエースでGWに石巻専修大学に置いていたマイクロバスを牡鹿公民館の駐車場に移動させ、バスの中に入れていた炊き出しグッズや泥だしグッズを公民館の二階に移し、明日の温泉ツアーに備えみんなでお掃除。
P1010962.jpgP1010964.jpg

そして壊れた公民館の二階の倉庫を掃除して、炊き出し道具を運ぶための裏の階段もお掃除開始。
ところが、階段の角に大型冷蔵庫がガッツリ挟まっていてそれを出すのが大変でした。元引越し屋のいざぽんも中身の入った冷蔵庫はよー動かせへん(泣)。とりあえず。腐ったお肉やお魚をスコップですくい出そうとするが上手くスコップですくい取れない。しかも白くてうにゃうにゃした物体が、大量発生!!
「ムリー!! ムリー!!」大声を出して走り回る僕を見て、泥出しマスターのヤスが飛んできた。
なんとヤス様は白いうにゃうにゃ付きのお肉をぐにゃっと素手でつかんでポイしてくれた。
「うわぁ、ありがとう!! 早朝のパーキングエリアで子犬に「ワン!」と吠えられ腰を抜かしてたヤスを大笑いで馬鹿にしたりしてごめんね!!」
P1010954.jpgP1010955.jpg

東北の夜は思っていた以上に寒くみんなはふるえていた。Eさんが、「今日は外でバーベキューするんで来てくださいね」と言ってくれたのでお言葉に甘えることにした。
P1010966.jpgP1010970.jpg
なんとこいつはプロパンガスを改造したすぐれもののバーベキューコンロだった。

今夜はこのコンロを囲んで遅くまで語り合った。Eさんは3/20から個人で牡鹿半島に入って牡鹿支所と連携しながら
活動しているのだが、この牡鹿地区には居なくてはならない存在であった。Eさんはこの牡鹿地区の住民さんのことを誰よりも知っていた。毎日色んな避難所や個人宅に顔を出し色んな話を聞いているのだろう。住民さんがボランティアにしてほしい要望をまとめたニーズ表を毎朝ボランティアの人たちに配って支持を出したり、支所の職員と毎日会議をして牡鹿地区全体を常に把握していた。それをほとんどひとりでやっているのが凄いと思った。
そんなEさんもすでに50万円以上の借金をして活動しているのだそうだ。僕も動けば動くほどこの支援活動が赤字になって行くのを悩んでいたけど、貯金を削っていくだけでまだ生活に支障は出ていない。Eさんには悪いが上には上がいるのだと少し気が楽になった気がした。

翌朝9時に僕といのまきは、温泉ツアーを行うために、マイクロバスで小渕地区に向かった。
他のみんなはニーズ表をもらい、民家の泥出しに行った。
小渕地区の拠点の『COCOストアー』に行くと避難所のおっちゃんおばちゃんが、バスに乗り込んできた。たぶん一番のお洒落な格好で来たのであろう。なんかウキウキしている感じでした。僕らも元気いっぱい「おはようございまーす♪」と声をかけた。今回は僕が大好きな石森区長さんも同行してもらうことになった。牡鹿半島から鬼首温泉までは約3時間半の道のり。お年寄りの方には少し移動時間が長いようにも思うけど、鬼神戸は山や川などの自然が美しく間欠泉など見どころも多い温泉施設なので、毎日瓦礫に囲まれた避難所でストレスを溜めながら生活をしているおじいちゃんおばあちゃんには絶対気晴らしになれるような場所だと思った。
鬼首温泉バスツアーには、物資倉庫から新しいタオルを前もって調達していた。そして自衛隊からはおにぎり・パン・牛乳・お茶を用意してもらった。そして温泉側からは入浴料を無料にしてもらうだけではなしになんと山菜汁まで用意していただいた。
P1010980.jpg


温泉に入った後は畳の広間を用意してもらい。みんなにゆっくりしてもらた。そして要望のあるおじいちゃんやおばあちゃんには看護師いのまきの健康相談など行いとても喜んでもらえた。
P1010979_20110517181129.jpg

僕らもお味噌汁をいただきお風呂にも入らせてもらった。お風呂にはバスツアーのおっちゃんが入っていて、「あれ、お昼は食べてないんですか? もしかして2回目?」と聞くと「えへっ」って可愛く照れ笑いしていた。
普段なかなか入れないお風呂だから何回でも浸かりたいんだろうなぁと思った。
P1010981.jpgP1010985.jpg
鬼首の温泉産業は地震が起こってから風評被害でお客さんが全く来なくなったのだという。
こんなにいい場所なのにもったいない。でも小渕地区の避難所の人達はほんと楽しそう♪

P1010987.jpgP1010989.jpg
綺麗な自然の川を見てみんなは何を思っていたのだろう。僕は小渕地区のみなさんと温泉旅行を一緒に過ごして、普通にサークル仲間と過ごしているような気分になった。帰りにおばちゃんたちにいっぱいソフトクリームをおごってもらった。大きなソフトを合計3つも食べた♪ 温泉ツアーは来週からほぼ毎日行います♪ またいろんな人との出会いが楽しみです♪


スポンサーサイト
アウトドアクラブNuts - http://hodugawa.com/
関西地区なら大阪京都からアクセス抜群の保津川ラフティングにGO!北山川や四国吉野川も随時受付中!
この記事のURL | 東北沖大地震支援 | コメントはコチラへ(1) | トラックバック(0) | ▲ top
<<5/19 保津川ラフティング大阪送迎プラン | メイン | 5/15 保津川ラフティング(ガイドトレーニング)>>
コメント
--
文章長くなったね!v-48
2011/05/17 20:30  | URL | よう #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿










▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://raftingnuts.blog45.fc2.com/tb.php/224-f23ad456
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。