スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アウトドアクラブNuts - http://hodugawa.com/
関西地区なら大阪京都からアクセス抜群の保津川ラフティングにGO!北山川や四国吉野川も随時受付中!
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
宮城県石巻市現状レポート2
- 2011/03/28(Mon) -

僕が個人的に動いてきたことは、各避難所をくまなく回って、物資の届いている量を調べたり行政が見落としている情報を探ったりしていました。やはり避難所によって潤っている場所や足りない場所があったりでさまざまです。明日の食料が足りていないという場所もありました。物資が足りていない場所には僕らが運んで行って少ない分をまかなったりしています。
行政は何してるのという声もあったけど、僕らがまわった雄勝町や北上町はほぼ壊滅状態で役場が全部無くなっているんです。北上町役場の職員さんが、「20名いた職員のうち私含めた2名しか生き残っていないんです、でもまわりのひとが手伝ってくれてなんとか業務を続けています」って言っていました。
そんな状態でも一生懸命働いている役員さんに僕は心を打たれました。

僕らが現場をまわることで色んな事が見えてきた気がしました。
家の無くなった人は各避難所に移って生活しています。避難所には政府から物資が届いているけど、避難所にいる人だけではなく、近隣に住んでいる人達の分も物資を分け与えなくてはならないんです。
それは石巻全体に水も食料も流通されていないからです。被災地には家はあるけど食べ物が無いという現象が起こっているんです。

今や避難場所にはそれなりに物資は集まっています。なのになぜか隣の家の人は明日の食事が無くて飢え死にしそうになっているのです。

雄勝町などの田舎の避難所に行くと、近隣のお家の情報は全て各避難所がわかっているようでした。
たとえば足腰が悪くて避難所に物資をとりに来れない一人暮らしのおばあちゃんの家には、避難所の誰かが食事を届けに行ったりしています。
もちろん動ける人は自分で取りに来てもらうけど……。
普段から近付き合いのいい田舎の人達はいざという時、すぐに結束ができるのだと思いました。

ところが石巻駅周辺の街の避難所は物資が潤っているけど、各家庭はそうではないのです。
各家を一軒一軒まわらないと状況がつかめないんです。今は僕らがローラー作戦で細かく回っているけど、各住民のみなさんが自分達の街を再生していこうという意識が早くでてこないと街全体が潤ってくるのが遅くなるんじゃないかと思いました。

だから次石巻に行ったら炊き出し大作戦をして街の人みんなに元気を与えてこようかと思っています。

P1010136.jpg
P1010202_20110328151058.jpg
P1010220.jpg

スポンサーサイト
アウトドアクラブNuts - http://hodugawa.com/
関西地区なら大阪京都からアクセス抜群の保津川ラフティングにGO!北山川や四国吉野川も随時受付中!
この記事のURL | 東北沖大地震支援 | コメントはコチラへ(1) | トラックバック(0) | ▲ top
<<3domeno | メイン | 宮城県石巻市現状レポート>>
コメント
--
とりあえず荷造りはした。
2011/03/28 21:29  | URL | 北藤洋子 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿










▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://raftingnuts.blog45.fc2.com/tb.php/208-64cc85bc
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。